デジタルサイネージの音声コンテンツ例 

デジタルサイネージと音声コンテンツ

アイキャッチXに関して、
「アナウンスを頻繁に更新して、デジタルサイネージで使いたい」
というご相談を頂きました。
つまり、スーパーマーケットの鮮魚売場で流れるような
売り込み用の音声をデジタルサイネージで再生したい。
 
標準仕様のアイキャッチXでこれを実現するには、
録音した音声データと背景を合成して、都度動画ファイルを出力します。
 
2つのファイルを合成する

背景用の動画と、吹き込んだ音声コンテンツ


画像の音声は都度更新のデータで、動画は背景用です。これを合成すると……。
 

 
デジタルサイネージ用の動画になりました。
(当記事用に制作した架空のコンテンツです)
 
音声コンテンツの企画は様々ですが、デジタルサイネージであれば、
日替わり・週替りのイベントや、特売などキャンペーンの案内が多いと思います。
 
背景用の画像・動画は通行者の注目を集める仕事がありますから、
業者に依頼して凝ったものを作っても良いでしょう。
 
また、上記動画内でも触れていますが、
音声は繁華街のような騒がしい場所では埋もれてしまいます。
必要に応じてスピーカーの増強をお勧めします。
アイキャッチXは、オプションで外付けスピーカーが増設できます。
 
 
<補足 準備物について>
 
■パソコン
性能は2014年4月現在でcorei5程度を目安にすると良いでしょう。
動画ファイルは重たいので、それなりに処理能力のあるパソコンが望ましいです。
 
■録音
OS付属の録音ソフトで問題ありません。
マイクの準備が面倒であれば、スマートフォンでも録音できます。
 
■動画編集ソフト
動画と音声の単純な合成なら、OS付属のソフトやフリーソフトでこなせます。
(例)
・WindowsLiveムービーメーカー(windows付属)
・iMovie(Mac付属)
 
■背景用の動画or静止画
合成用の背景です。静止画でも動画でもかまいませんが、
視覚で適切に情報が伝わるように工夫したいところです。
弊社でも制作を承ります。

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます