ファッション・アパレル店舗とデジタルサイネージの導入 

ファッション・アパレル店舗とデジタルサイネージの導入

ファッション売り場

ファッション系店舗はデジタルサイネージに適した環境と言えます。元々イメージによる訴求が多い業界であり、 TVCM等の映像がメーカーから提供されブラウン管の時代からデジタルサイネージが活用されています。2016年現在でも最新の商材をブラウン管のテレビでPRしている現場があります。
今後デジタルサイネージの導入を検討する場合、ファッションの売場ではやはり大画面をお勧めしたいところです。2016年現在、2K解像度で屋内用の大型ディスプレイは比較的導入しやすい価格帯であり、デジタルサイネージによりお客様の視線を得やすい環境になっています。

■大型ディスプレイのメリットは?

ファッション系の店舗で大型ディスプレイを導入するメリットは、「等身大」のファッションモデルを映像や画像で表現できるようになることです。特に映像による等身大モデルは売場の雰囲気作りや営業が期待されます。
あるファッション店舗では、55型の縦型デジタルサイネージを導入して、縦型で撮影したファッションショーの様子を放映していました。歩いてくるモデルを正面アングルで捉えた大型ディスプレイは迫力満点で、等身大とまでは行かないものの、売場に奥行きと華やかさをもたらしていました。
下記は55型、75型ディスプレイの実寸サイズと、等身大モデルの比較図です。人間の肩幅を表現できるのは概ね55型~と言えます。コンテンツの制作はファッションモデルの歩く様子等を縦型で撮影して、適切な縮尺になるよう編集ソフトで拡大処理します。メーカーから提供される販促用の映像も積極的に活用したいところです。
55型、70型のディスプレイ面積

 
 

55型ディスプレイ PNーY555 SHARP製

55型ディスプレイ PNーY555 SHARP製

実勢本体価格 24~26万円(税別)
画面サイズ 横1209.6×縦680.4mm
輝度 450カンデラ
※取り付け金具別途必要、動画プレーヤー内蔵
 

70型ディスプレイ PN-E703 SHARP製

70型ディスプレイ PN-E703 SHARP製

実勢本体価格 47~49万円(税別)
※取り付け金具、動画プレーヤー別途必要
画面サイズ 横1,538.9×縦865.6mm
輝度 450カンデラ
ファッションの売場とデジタルサイネージ
 

70型ディスプレイ PN-R703 SHARP製

70型ディスプレイ PN-R703 SHARP製

実勢本体価格 62~64万円(税別)
※取り付け金具、動画プレーヤー別途必要
画面サイズ 横1538.9×縦865.6mm
輝度 700カンデラ
 
55型と70型の比較では2016年現在の実勢価格で2倍程度の差があり、面積比は約1.6倍差です。より目立つのはより大きなデジタルサイネージですが、55型でもそれまで売場に無かった大型ディスプレイとして相当なインパクトがあります。登記時で紹介している55型は動画プレーヤーを内蔵していますから、壁掛け金具と送料消費税を合わせて35万円以下で導入が可能です(施工はお客様)。
ディスプレイは70型を超えると割高になる傾向があります。例えば90型は実勢価格が200万円近くとなり、コントローラーや設置費用を含めても、55型によるマルチディスプレイの方が安上がりかもしれません。
 
屋外用では75型のデジタルサイネージもあります。こちらは専用筐体を含めるため相当の金額です。
75型屋外用の例
 
 
 

■ファッションの知識をコンテンツにする

ファッション分野は雑学やノウハウをお客様と共有しやすい分野とも言えます。以下の動画はアパレル系の販売現場でタイムセール用に制作したサンプルです。ファッションの豆知識とカウントダウンを組み合わせて、店内の各所でお客様の誘導に使います。
 
 
ファッションに関する豆知識は、スタッフの知見のほか雑学系の書籍などから仕入れます。これらの知識は自分の言葉に直せば著作権の問題をクリアできますから、お客様の足を留めるコンテンツは現場でも企画できます。

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます