MP4動画をGIFアニメ化する方法 

MP4動画をGIFアニメ化する方法

 

 
自社のCM動画を小さなGIF動画に変換すると、サイト上で何かと目立ちます。
動画制作者の場合は、顧客サービスの一環にもなります。
GIFアニメのメリット・デメリットは次の通りです。
 
<メリット>
・YouTube等の動画サイトに依存せず動画を取り付けできる。
・大抵のブラウザでアニメーションする(※)。
・画像扱いなのでクリックボタン(クリック誘導)として使える。
※例えば、iPhoneやiPadではフラッシュ形式のアニメは表示されず、
YouTubeの自動再生設定も受け付けない。
 
<デメリット>
・長時間の動画はデータサイズが大きくなり非現実的。
・画質が悪い(256色制限)。
 
以下、MP4動画の変換方法です。
 

【1】Free Video to GIF Converter をダウンロードする
変換用のフリーソフトをDLします。
http://www.video-gif-converter.com/
 
Free Video to GIF Converter

 
Free Video to GIF Converter

 

【2】Free Video to GIF Converter をインストール
画像の手順でインストールを進めます。
 
Free Video to GIF Converter

 
Free Video to GIF Converter

 

 

 

 

 

 

【4】Free Video to GIF Converter で動画をGIFアニメに変換
 

インストール後のアイコン


さて、今回はこの動画をGIFアニメ化してみます。
15秒のデジタルサイネージ用動画です。

 

Step1のタグ上で、Browse Videoを押してファイルを指定します。



 

設定が終わったらNextをクリック。


少し待つと変換処理が終わってタブが切り替わります。


設定を決めたら Make GIF をクリックして保存場所を選択します。


できました。しかし、画像サイズが2.04MBでやや重たいです。再生時間を短くして再出力します。


 

画像編集ソフトでGIFアニメを回転しました。

フリーソフトではGIMP等の比較的高度なレタッチソフトが、

GIFアニメの回転に対応しています。


 
GIMPダウンロード
http://www.gimp.org/downloads/

 
 

完成です。
デジタルサイネージ用の動画は、最初から文字が大きめに作られているので、
GIFアニメと相性が良いです。

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます