デジタルサイネージの文字サイズと視認性 

デジタルサイネージの文字サイズと視認距離

看板イメージ

デジタルサイネージの文字サイズと距離の関係について解説します。記事中で紹介する数字は一般の屋外広告で使われるものですが、デジタルサイネージの場合、表示面積と表示解像度から、文字高さのピクセル数をある程度計算しながら動画を制作します。
 
<関連記事>
液晶看板を車道向けに使う場合の文字サイズ
デジタルサイネージの導入前の環境チェック
※関連記事と数値が異なる部分は、当記事を優先してご覧ください。
 
リーチする距離と表示する文字サイズの大まかなところは、次の公式で求められます。
文字の縦サイズ(cm)=画面までの距離(cm)÷250
 
 
しかし実際はグラフで示しているように、距離と文字サイズは正比例ではありません。
 
文字サイズと距離の目安 出典:屋外広告の知識デザイン編第四時改訂版ぎょうせい刊

 
 
より詳しく文字サイズを設定する場合は、次の表を参考にしてみてください。
 
文字サイズと距離の目安 表

 
 
弊社の場合、42型のサイネージでは下図の文字サイズを目安にしています。
(視認距離については、特にオーダーが無ければ3mと仮定しています)
 
弊社制作の文字サイズ例、42型デジタルサイネージで3m先にリーチする場合。

 

 

【カテゴリ別 記事】

全ての記事は表示していません。過去の記事はサイトマップサイト内検索でご覧ください。
 

デジタルサイネージ
 
素材配布

 

動画制作

  

YouTube活用

 

ソフト&ガジェット
 
コラム
 
 
疑問に答えます